お食い初め

赤ちゃんが誕生すると、その成長とともに、いろいろな行事があります。

特に、はじめの1年の間は、赤ちゃんも日に日に大きくなり、表情も豊かになり

手も足もどんどん動かせるようになり、人生のうちの目に見えてわかる急成長の時期です。

 

昨日は、急遽前日に決めて、3月末に生まれた孫娘の「お食い初め式」をしました。

お赤飯、鯛、お吸い物、煮物などをお嫁さんが朝早くから支度してくれて、息子の家でお嫁さんのお母様も

お招きしてにぎやかに、節目の1日をすごしました。

 

上の孫の時は、お料理屋さんでしつらえてもらって丁寧にやり方を教わりながら

しました。昨日は自宅なので、改めてネットで儀式の手順を調べてみると、女の子は

年長の女性がするということで、私が孫娘の口元に箸にのせた食べ物を食べさせる

まねをする、大役をすることになりました。「大きくなあれ」と願いを込めて

一箸ずつ、口元に順に食べ物をもっていくと、あーんと口を開けるので、びっくり。

歯固めも行い、その間、機嫌よくしていてくれました。

 

ちゃんと、成長の時期に合わせた、儀式なんだなぁと感じます。

 

食べるものに困らないように、しっかりと食べて成長するようにと、お食い初め、歯固めの儀式があり

成長の節目を、皆で祝うという、昔ながらの習慣なのですね。

 

やってみて、改めて感じることもあり、皆がそれぞれ忙しい中、手間がかかっても2人目の孫でも心を込めて

できたのは、よかったなぁと思います。

 

みんなで記念撮影もして、楽しいひと時をすごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。