夏到来

6月も終わり、本格的な夏が来た!という感じだ。

今日は台風が明日上陸するとニュースで注意を呼び掛けている。

 

私は昨日まで所属する団体の研究会・総会で清里に行っていた。

清里は八ヶ岳の麓の高原なので、名古屋の蒸し暑さからはほど遠い。

帰ってきて翌日が猛暑日かと思う暑さ。

まいってしまう。

 

でも、私は夏が嫌いではない。

7月に入ると共に、開幕が早くなった高校野球の愛知県大会が始まった。

自分は経験しなかった"これぞ青春"が感じられる、私の楽しみな時である。

新聞の高校野球チームの紹介をくまなく見る。

以前は自分の息子のチームを中心に、息子の友人のチームを探した。

今では、息子の母校以外に、息子の教え子の所属チームを探す。

知人の関係チームを見る。

見たからどうということではないが、応援したくなる。

その背後にあるドラマを想像して、心を熱くする。

 

しばらくは楽しめる。

スマホには速報の見られるショートカットをつくり、

月曜日の新聞では結果を確認しながら、最後の試合を終えた球児を思う。

 

若者はいいな!!

さて、この素敵な若者たちに担ってもらう社会が、少しでも素敵なものになるように、

私たち壮年ももうひと踏ん張りしますか。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。