スタンプ

LINEでのやりとりは、手軽で便利だ。

いまだに、携帯はガラ系の私も、別持ちのタブレットでLINEを使って

友人や息子、お嫁さんと、やりとりをしている。

孫の写真を、ときどきお嫁さんが送ってくれるのが、楽しみだ。

 

女子短大の同期の4人とは、よく馬鹿な会話もする。

介護、老化、子どもの結婚、などなど、話題は現実的だが、

いろいろな切り口で、思いを伝えあって、笑い飛ばしてしまえるようなことも、

ほっとできるようなこともある。

 

その都度、忙しかったり、手が離せないときは、簡単にスタンプを使って返す。

 

既読のままに、なかなかできない気もするし、割と気軽な形態のツールだろうと

思うところもあるし。

 

けれど、スタンプは、自分にはぴったりのものを選んだつもりでも、相手にとっては

どうだろうか?と思うこともある。言葉をつらつら並べるより、今の相手に伝えるにはちょうどいいなと

いうこともあるが、とりあえず、返す言葉が見つからないから、どうとでもとれるスタンプに頼って

おこうということもできる。

 

もしも、ほぼ、スタンプばかりで、LINEのやりとりをしていたら、

お互いの真意は、ちゃんと伝えあえるのだろか?

そんな風にも思う。

 

手紙がメールに、メールがLINEに、スタンプに、便利なツールはこれからもっと進化していくと思う。

気持ちを伝える時、何を使い、どう表現して、相手に伝えるか。

 

自分と相手にとって、何が一番ちょうどいいのか。

 

気持ちや感情も記号化できるようになってきて、改めて、それで零れ落ちる部分は

大丈夫なのかなと、ふと思う。

 

人のコミュニケーションの奥深い部分、出会い、つながり、かかわり、信じること、思いやること、向き合うことなど、

時には、周りに丁寧にアナログに伝えていく人でありたい。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。