個人情報

まず最初に先月ブログ記入を失念したこと申し訳ありませんでした
今後は気をつけますので、どうぞご容赦くださいませ

さて「個人情報」の法律が成立してから何年かたって
だいぶみなさんも意識されてるのではと思います
しかしどこからどこまでが個人情報なんだろう?
って、疑問に思うことはないですか?

今の社会でお仕事をされている方はなんらかの個人情報を扱っているのではないでしょうか
ご多聞にもれず私もその一人です

私の仕事は私の所属している「A」社と
お客さんを紹介してくれる「B」社とでチームで動いています。
お客さんは最初にB社を訪ねるので
私のA社との間で
「個人情報をA社⇔B社で伝えてもいいですよ」
という同意書をかわし
そのうえで個人情報を取扱います

このとき個人情報と言えるものは一般的に言って「個人を特定するようなもの」と考え
氏名・住所・生年月日・電話番号と理解しています
でも金融機関にお勤めならそれに加えて資産情報であったり
人材派遣だったら職歴情報があったりで
人によって、状況によって変化してきます

でも今までのSeedsで勉強してきた
人が持っているその人の枠組みや抽象の梯子の話を思い出すと
私のようにチームで関わっている場合
担当者みなが同じイメージをもってこの情報を扱わないと
よかれと思ってしたことが知らず知らずのうちに
個人情報漏えいに繋がる可能性があるなと改めて気づきました

時々テレビのニュースで放送されるこの種の事件を
他人事ではないと戒めたいです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。