GWの過ごし方

GWでうつつを抜かしているうちに4日になってしまいました。
遅れてしまったことをお詫びします。
GWの前半は東京にいる息子が帰ってきて、つい財布の紐が緩み散財をしてしまいました。
息子曰く「死後渡す分を今受け取っているだけ」「こういうことは順繰りなので、僕たちは子供にすることになる」のだそうだ。
納得できているわけではないが、まあ仕方ないかと思う自分もいて、最初から負けが決まっているわけです。
その息子が1日に帰って、夫と2人の静かな日々が帰ってきました。
2日はちょっと打ち合わせが入っていましたが、この3日間は特に予定はなく過ごしています。
予定がないと言っても、このようなブログ書きとか、原稿書きとか授業準備とかコメント書きなどはあるのですが、それでも日常よりははるかにゆっくりしています。
そこで昨日はしばらく行けていなかった義兄の墓参りと、日常はすっかり施設にお願いしたままになっている義母の所に行き、嫁の勤めを果たしてきました。
(夫はこういうことを特に望んではこないので、ついつい間遠になってしまっています。)
今日は見たいと思っていた映画「スポットライト」を50歳以上の夫婦割引で見てきました。
内容はカトリックの司祭が行った性的虐待を組織的に隠ぺいしたことを、新聞社が明らかにしたものでした。なかなか見応えのあるものでしたが、GWで家族連れが多い中では比較的空席の多いシアターだったと思います。
落ち着いてみることができました。
この映画を見て、信仰や大きな組織のもつ力も改めて思い知らされ、おかしいと思っても見て見ぬふりをすることや、人任せにしてしまうことが私にもあり、そのことで傷つく人がいることも考えさせられました。
明日は我が家でやらなければならないことに取りくもうと思います。
今回のブログは、私のGWあれこれになってしまい失礼しました。
どうぞ残されたお休みを皆さん楽しんでください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。