アコギライブ

先月、職場の人がアコースティックギターでライブをやるという噂をきいたので
直接本人に確認してお店の場所を教えてもらい友人と行ってきました
そこは栄のテレビ塔のそばで30人ぐらいはいれば満員御礼になるような小さな会場でした
ライブは6~7組のアマチュアバンドが
あらかじめ毎月
決められたテーマに合う楽曲を自分たちで選曲して
持ち時間30分の間に4~5曲演奏していくものでした
先月のテーマはズバリ「手紙」
最初のグループは懐かしの”サイモン&ガーファンクル”で
「ミセスロビンソン」や「スカボロフェアー」を演奏してくれました
(少し会場入りが遅れてしまったのでどう手紙と関係しているかわからなかったです)
次のグループは自分たちバンドメンバー宛に書いた手紙を読み上げ
その手紙の内容から選曲し演奏する形をとっていくという
ユニークな演出で進行していきました
私の職場のグループはカーペンターズの
「プリーズミスターポストマン」の演奏で始まったので
自分が中学時代に流行ったこの歌をきき
当時のことを懐かしく思いだしていました
後は私の知らない曲も含めて5曲ほど演奏してくれたのですが
やはりアコースティックギターの響きがなんともたまらない
いい味わいを出していました
テーマである「手紙」という同じ言葉から様々な発想や選曲があり
3時間があっという間に過ぎていました
また機会があればききに来ようと決めています
ちなみに今月のテーマは「チャレンジ」です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。