Merry Christmas and A Happy New Year !

クリスマス、おめでとうございます。
そして、今年も残すところわずかとなりました。
今日から休みの人もいるようで、海外組のラッシュが始まっていると
テレビが報じていました。羨ましいですね・・・。
さて、皆さんのクリスマスはいかがでしたか?
また年末年始は、お楽しみの計画があるでしょうか?
日本中がクリスマスのイルミネーションでいっぱいになり
楽しいイメージのクリスマスですが、このクリスマスを
涙で迎えなければいけない人たちも、少なくないと思います。
2000年前のクリスマスの出来事の中でも、受胎告知を受けたマリアは
絶望や不安の中で、その出来事を受け入れ、神様からの愛の眼差しが
注がれることを祈り続けていたように思います。
クリスマスの降誕の場面は、マリアとヨセフ、羊飼い、3人の博士、天使が
さまざまな絵画や彫刻で、見ることができます。
我が家にも、この生誕の場面の人形、クリブをクリスマスの季節には飾っていますが、
静かに祈る人形たちを眺めていると、とても心が素直になり、神々しい気持ちを抱かせてくれます。
祈りには、心を穏やかにして、弱った心を勇気づけたり、励ましてくれる力がありますね。
今年、パリではテロによって、多くの方が亡くなりました。
その時の様子をパリに住む知人が、暴力を訴えるのではなく、亡くなられた人たちへ祈りを捧げようと
呼びかけた大学の先生からのメールを紹介してくれました。
「窓にろうそくを飾りましょう。そして、犠牲者に祈りを捧げましょう、
フランス人は、暴力には屈せず、連帯を見せましょう!」
早速、窓の近くにろうそくを灯し、亡くなられた方への祈りを捧げました。
目には目をではなく、暴力には祈りを、これが私たち一般のフランス人の戦い方です・・・。
日本では、この事件以来、特にイスラム教のモスクに通う人たちに対して、様々な偏見、差別も
起こってきていて、実際にお子さんが、学校でいじめにあっているという事例があると聞きました。
私たち大人の言動や価値観、姿勢などが問われているように思います。
新しい年が、間もなく明けようとしていますが、皆さんの願い、思いはどのようなものでしょうか・・・。
私は、一つ一つの出来事や人との出会いを大切にしながら,
感動したり、喜んだり、困難なことも、前向きに受けとめていきたいと思っています。
新しい年が、皆様にとって、良い年となりますようお祈りいたします。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。