やさしいヨガ

最近、ヨガを始めました。
娘が1年ほど前から、ヨガにハマっていて、帰省する度に、いいよ!いいよ!と勧められたことがきっかけです。
どのスタジオに行こうか、インターネットで調べたりパンフレットをもらいに
ヨガスタジオに立ち寄ってみたものの、いざ行くのは勇気がいるものだと尻込みをしていたのですが、
のろのろしている私を見かねてか、このスタジオもお勧めだよ、というメールを娘からもらいそのスタジオに通い始めました。
まだお試し体験中ですが、ヨガといってもいろいろなスタイルがあることがわかりました。
激しい動きやアクロバット的なものから、伝統的なヨガのポーズを行うもの、呼吸やストレッチ、メデイテーションに重きをおくものなど、担当するインストラクターによって色々です。
私は、からだにやさしそうな「やさしいヨガ」と書いてある初心者マークのクラスを選んでいます。
呼吸を意識して、ゆったりした気持ちに誘われて、やさしいヨガの形を教えてもらえます。
インストラクターは、アメリカ出身の女の先生です。
大半は、流暢な日本語で進んでいきますが、時々、先生の口からさりげなく出る英語も耳には心地よく響いてきます。
なんだか、朝のテレビの「マッサン」に出てくるエリーみたい・・・。
そんなことを思いながら、やさしい声に導かれて、ス~と鼻から吸って、ハ~と鼻から吸いて、呼吸を意識していきます。
ヨガ通いの中で、面白い体験をしました。
初めてスタジオを訪ねた日、ちょっと緊張もしていた私でしが、水筒に入れて持参したハーブティーが受付にもあって、そのパッケージを見たら、妙に緊張が解れてしまいました。
思いがけないところで、私と一緒!というものに出会えて、ほっとしたり、なんかすごく嬉しい気持ちになるとはあまりにも素直な自分の反応に、ちょっと驚きました。
もう一つは、2回目のトライアルの日のこと。この日は土曜日の昼間の時間帯だったせいか、私を含めて生徒は3人でした。
しかもその2人は、今日が初めてという若い女性2人です。
初回の時、私は、スタジオに居た人がどの人も多少経験のある人と映ったので、「2回目の私が、経験者に見えるのかな?」という思いがそうさせたのか、妙に頑張ろうとする自分がいて、意識が中々集中しないで、頭の中でグルグルと回っている感じがしました。そういう時は、からだも妙に力んで頑張ろうとするものですね。
けれども、徐々にスー、ハー、スー、ハーと呼吸をして、自分の感覚に意識を集中していくことで、そんなことはどうでもよくなって薄れていきました。
最初は、いろいろな思いが巡っているのですが、だんだんと自分のからだにだけ意識が向いて、少しづつ
こころが空っぽ状態になっていく感覚も気持ちがいいものです。
どうなるかな、と思って始めたヨガですが、時間を作って自分のからだとこころに向き合うことは
大切だと実感しています。
娘からのお勧めに感謝をして、しばらく、やさしいヨガ通い、続けてみようかと思っています。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。