56の手習い

昨日、仕事の帰りに友人と3人で
書道教室に行ってきました。
初回です。
私には高校の選択科目で書道をとって以来で、
どんなことになるか心配と、
わくわくした気持ちで
教室に入り、席に着きました。
先生は、
ペンでも、筆でも好きなもので
自分の字を書く
コツコツやっていく
と言われ、
私は、自分の字を書くということをやってみたいと思いました。
初日は筆で習いました。
まず、横に線を引く。
ぶっとい線になりました。
力が入り過ぎたみたいです。
何本も左から右へ線を引きました。
書き終わりの筆先の引き上げがポイント。
少し力を抜き、細い線が引けました。
横線が1つで、漢字の「一」
次に、横線3つ引いて、漢字の「三」
1本はうまく引けても、
3回とも気に入る線が引けることはなかなかありません。
横の次は、縦の線を習いました。
筆先が左の端を書いていく感じです。
ミシンの端縫いをしているような感覚でした。
一緒に行った友人たちもそれぞれ真剣に筆をとっていました。
おんなじように教わりながら、みんな違う字が出来上がっていきます。
横と縦が引けるようになってきたところで・・・・
横線と縦線で書ける文字を考えていただき
「正月」を習いました。
縦の線ばかりを書いていて、横の線の書き方を忘れてしまったり、
まだまだ、先はうーーんと永いぞと思いながらも
「正月」を書いていきました。
何枚も書いて、「正」と「月」の両方がうまく書けたと思えたころ、
自分のはこれだという「正月」を前にはりだしてもらいました。
張り出してもらった途端、すっごくいい字にみえました。
こんなに楽しい書道は、久しぶりでした。
これからもながーく楽しみたい。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。