関心(マイブーム)

先日参加した合宿研修で、いい時間に立ち会わせてもらうことができた。グループでの時間。

その中のある人からのこころの奥にある事柄から発せられた、真摯な問いかけ。

それに正直に、ありのままに、そして丁寧にこころを込めてことばを紡いで応える相手の姿。

「呼びかけに応える」・・・対話・・・ こころの奥での交信のような、関わりの深さを感じ、

神々しくさえ見えた。感動的な場面だった。

 

グループを行うことで、生み出されるもの。

そのときどきに、いろいろある。ねらいがあり、気づきがあり、学びがある。

そして言葉、感情、あり方 さまざまな深さの交流がある。

ふとした瞬間に、ワープのような深まりがあり、誰もがその場面に引き込まれてしまうことがある。

 

一緒にそこに在ることで、深く自分にも感じ入るものがある。感謝の気持ちであったり、尊敬の気持ちであったり、敬虔なる気持ちであったりする。

 

どこか懐かしいような、どこかありがたいような気持ちになる。

 

人の持つ力をまざまざと感じる瞬間でもあるかもしれない。

 

いろいろな違いのある人間同士が、対話を通して出会う。

「愛の共同体」「Change Agent」 という恩師の言葉が、重なり合う。

 

今月からのSeedsの新しい文献研究でも、再確認しているグループの学び。

自分でも少し古い文献を読んでみたくなった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。