異動の季節

 わたしの職場は4月と10月に正職員の人事異動の発表がある。目安としては2年たつと他所への異動候補にあがるらしい。課長にあたる上司は私と同時に今の職場に赴任してきたので、ある意味同期であり課長クラスの異動は通常4月ときいていたので安心していた。

とりわけ今回の発表では2年以上勤務している職員のTさんの動向をみんなが注目していた。Tさんはうちの部所には欠くことのできない人物で、私達パートタイマーが困ったときに必ずといっていいほど頼りになる人だ。複雑な案件ではTさんの判断をあおぎ、何度か救われている。実はTさんは今年の4月も異動するすると言われて本人もその気になっていたが、結局変わらなかった経緯がある。正直Tさんがでていくことは大変な痛手だが、Tさんの立場であればもううちの部所を卒業したいであろうと思う。
おととい、この10月異動の発表だった。発表は午後2時から順次人事の部屋に呼ばれていった。私のすぐ横にいるTさんは接客しながらもソワソワしている感じが伝わってくる。その日はけっこうお客さまが多く気がつけば4時になっていた。そう・・今回もTさんは他所への異動がなかった。本人はさぞやガッカリだろう・・実はおとといはTさんへの感謝の意味で有志で送別会まで開催予定になっていた。ただどうも所内異動(部間異動)はありそうだと後できき少し安心した。
しかし、なっ、なっ、なんと、直の上司(課長)が異動になっていた。寝耳に水である。同時に赴任し、いろいろ気を使ってもらい、私を見守ってくれた存在だ。時には業界ならではのアドバイスをくれ、時には私の代わりにお客さまに謝ってくれたり、そううかと思えば好きなバンドのBON JOVIの話で盛り上がったりと、1年半本当にお世話になっていた。私が今まで関わった上司では信頼できる上司の一人だった。とてもショック!で残念だ。もう少し育ててもらいたかった。
後任がどんな上司かわからないが、今まで学んだことをいかし、心機一転仕事に取り組んでいきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。