きな粉とファイル

 今朝は、この秋一番の冷え込みになったようです。

朝、ゴミ出しに出たら、風が冷たく、びっくりしました。

長袖のブラウスに、少し生地の厚めのカーディガンを羽織って、

仕事に出かけました。

先日もちょっと油断をしたら、駅の電車待ちで段々と冷えて来て、

風邪を引きそうになりました。

皆さんもこれからの季節、くれぐれも体調管理には気をつけてください。

 

 実は、今日仕事先で上越市の出陣餅というきな粉のお菓子を食べました。

小さな長方形で、小さなお弁当箱のように、風呂敷風に包んであります。

長野にも同様のお菓子があったと思うのですが、きな粉の中によもぎのお餅が入っていて、

別の容器に入っている黒蜜をとろりと、かけて食べるのです。

 

 このお菓子を食べる時は、きな粉が飛び散らない様に、「ぱくっ!」と食べないと

大変なことになるので、風呂敷風の包み紙を広げて、その上で食べるというのがよいのですが、

いつもその事に気づくのは、一口食べて、きな粉が飛び散ってからで、

いつも「しまった、包み紙を使うんだ」と思い出すのです。

 今日も、その事に気づいたのは、食べてからでした。

 

 私は、こんな風に、あまりその場の状況をよく見たり考えたりしないで、

向こう見ずに行動するところがあるので、よくわかって居ながらも、

またやってしまっている自分に、苦笑してしまいました。

今に始まったことではないからです。

 

 

 もう一つの偶然は、今度は、お菓子ではなく、ファイルの話。

今朝、少し早くに目が覚めてしまい、仕事にいく前に、少し時間が出来てしまいました。

もう一寝入りすると、寝過ごしそうだったので、昔の研修ファイルを何となく、

ごそごそ見ていたところ、ある人からのフィードバックが、目に飛び込んで、

思わず苦笑してしまいました。

 

 30年以上も前にもらったフィードバックは、今の私のことでもあり、

変わっていない私がそこにも、今も、いる現実に、ちょっと軽いショックを受けながら・・・。 

 変わらない良さもある反面、なかなか変わろうとしない頑固さもあるのだろうと思います。

私へのフィードバックは、こんな書き出しで、さりげなく頂いていました。

 

「元気でやさしく、一生懸命なあなた、

時々自分のやり方や考え方にとらわれるところがありますね。

それから、本当は自分のことを考えた方がよいのに、

自分のことより、人のことを先に考えてしまうところ、

そんなところが私に似ていると思いました。これからもよろしく」

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。