”お気に入りの木”

  4月から新しい勤務先になったので、毎朝バス停から職場まで10分弱の距離を歩くことになりました。
特に雨の日はもっと職場が近かったらよかったのに・・・などと思いながら通っています。

  さて、勤務先へ向かう途中に公園があり、2本の八重桜が満開に咲いていました。1本は淡いピンク、もう1本は濃いピンクで、そのコントラストも見事 です。つぼみをつけている頃から毎日観察できたのでちょっとずつ変化していく様にもふれ、わざわざ花見に行かなくても桜を愛でることができました。

 職場の隣の席の同僚にその話をしたところ、彼女もその桜のことはよく知っておりふたりで「きれいだね~」と話が盛り上がったのですが、彼女曰く窓からある方向を指して、
 「あの八重桜もとても素敵だけど、若葉のころになるともっと素敵な私のお気に入りの木があそこにあるのよ。新緑がとてもきれいなの!」と教えてくれました。

 お気に入りの木
って、なんだか私には新鮮な響きでした。
彼女からその言葉をきいて、『私のお気に入りの木を見つけていこう。』と心に決め、1番目をこの八重桜、2番目に職場の隣の公園にある椿をお気に入りの木にしました。

 4月当初は職場まで歩くのがちょっと苦手でした。でもこれからは歩きながらお気に入りの木を探す楽しみができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。