実家の犬

 
実家の犬が亡くなった。
柴犬系の雑種で さくら という名。
ここ数年は鼻も利かなくなり,耳も遠くなり,すっかりおばあちゃん犬になっていたけれど,
よく食べよく歩き,病気もしたことがなかった。
飼い犬として迎えて18年,長生きしてくれた。
私が一緒に暮らしたのは,彼女が3歳になる頃までだったろうか。
車で30分ほどの場所にある大きな公園に,よく一緒に行った。
広い公園で走り回るのが大好きだった彼女は
公園に向かう車中で,うれしくて,楽しみで,ピョンピョン飛び跳ねていたっけ。
番犬として迎えた彼女だったけれど,
番犬とかペットというだけでなく,
一緒に暮らしていた私の母にとっては,かけがえのない家族だった。
離れてしまっていても,私にとってもかけがえのない存在だった。
ここまで長生きしてくれて,人間であれば,大往生と言えるのだろう。
楽しい思い出を一杯抱えて旅立ってくれた,と思いたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。