自転車 ~ ~

  現在の住まいに引っ越してからは、坂をあがって徒歩10分くらいのところに駐車場を借りたせいか車より自転車を使うことが多くなった。
 しかしこの頃ニュースなどでもよく伝えられているが、ペダルをこぎながらふと車道or歩道どちらを走ったらいいのか迷ってしまう。「原則自転車は車道を走る」になっている。それはわかっているのだが、自分が車を運転しているとき、この車道を走る自転車がとても怖い。車とスレスレのところを走り、今にもぶつかりそうになりヒヤッとしたこともある。自分が自転車に乗っているときも後ろから走ってくる車にぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤしている。そうすると以前のように歩道を走ったほうが安全かなとも思う。
 そんな時数日前のことだが、歩道を歩いていて後ろから走ってきた自転車の前輪に手があたった。思わず「イタッ!」と叫んだが、自転車がスッ~と横を通り過ぎただけで、私とぶつかったという意識はないみたい・・・私はただただぶつかった自転車を手の痛みとともに見送っただけ。自転車ってけっこうスピードがでるんだなぁ~自転車が歩道を走るのも歩行者からすれば怖い存在になるんだ。ホントは歩行者が近い時は自転車から降りてひいていくのが正解だと思うが、忙しいときに自分自身いちいちそれができるか自信がない。

  これから寒くなるので、しばらくは歩くことにしようかな・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。