書き写し

天声人語の書き写しをはじめて3ヶ月を越しました。
最初の2ヶ月は、「書き写しノート」を購入して毎日書き写しました。
3ヶ月目になり、文章を書き写し新聞から「天声人語」を切り抜いてノートに貼り付けるという繰り返しに飽きてきました。
毎日書き写していたのが、2日分を1回で書き写すことが続きました。
そのうちに溜めた3日分を1度に書き写すことに必死になっていました。
書き写している内容もいい加減にしか読まなくなり、文字も雑になっていました。
書き写すことは続けたいなと、ノートを大学ノートにして気分を変えたり、ボールペンを万年筆にしてみたり、インクの色を変えたりといろいろしてみました。
書き写しをしばらくしなかったりもしました。
結局、やめてしまうのはイヤで、溜めた1週間分を2日間で書き写しました。
いろいろじたばたしてみると、私の好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、不得意なことが見え隠れする。
少しじたばたしてみたら、「焦らず、あきらめず、ゆるゆると」という言葉が、身体の中から沸いてきた。
またしばらくは、書き写しが楽しくになりそう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。