2匹のネコ

 
我が家にはネコが2匹いる。
1匹が2009年6月生まれのオスで、もう1匹は2010年9月生れのメス。
2匹は、別々の人からもらい受けた元野良ネコ同士で、血はつながっていない。
が、年齢的にもからだの大きさ的にも、オスネコが兄、メスネコが妹のような存在。
2匹が一緒に暮らすようになって(つまり2匹目が我が家に来て)から10ヶ月程になる。
2匹を育てるようになって、ネコにもずいぶん個性と言うか
持ち味の違いがあるものだと気づいた。
たとえば一例として、
兄ネコは、人間になでてもらうのが大好きだけど、
妹ネコは、人間に触れられるのが大嫌い。
この兄妹ネコたち、同居の始めの頃はうまい感じに一緒にいられなかった。
どんな風になるかと言うと、
兄ネコが熟睡しているネコベッドに、
一緒に寝たい妹ネコがピョンと飛び込んで、兄ネコをなめ回す。
気持ちよく寝ていたところを突然起こされた兄ネコは、
しばらく我慢するものの、
妹ネコからのしつこい毛づくろいにやがて腹を立てて、
妹ネコにガブッ!と噛み付く。
そしてお互いに噛みつき合いが始まってしまうのだ。
噛みつき合いがすぐに終わればいいけれど、
必死の形相の追いかけっこに発展する時もしょっちゅうだ。
私は兄妹ネコたちの仲の悪さにやきもきと言うか、心が痛んだ。
私からすれば、どちらもかわいくて、同じように大事な存在なのに、
その大事な者同士がお互いを痛めつけ合っている。
仲良くして欲しいのに…。
兄ネコも妹ネコもそれぞれに自分の欲求があって、
それが相手と少し違っているせいで、
うまく一緒にいられないだけなのに。
私には、2匹のネコを同居させたことへ後悔や
それぞれのネコに対して何か申し訳ないような気持ちが湧いた。
でも同時に、お互いに一緒にいられる距離を測るために、
お互いの許せる範囲と言うか、居心地よい関係を作り上げる過程として
こんな風に激しくやりあう時間も必要なんだろうなと思っていた。
ネコの飼い主たちは、ネコを多頭飼いする際に
ネコ同士の喧嘩に割って入ることをしない。
お互いにとって居心地のいい距離を作り上げるために、
必要な喧嘩だと知っているからだ。
私も、頭ではわかっていても、気持ちは結構苦しかった。
激しくやりあう2匹のネコを、引き離したくてたまらなくなったりした。
さてそれで、2匹のネコが同居を始めて10ヶ月。
最近、妹ネコは、やっぱり兄ネコが寝ているところに飛び込んでいく。
でも兄ネコが一噛みガブッとやると、妹ネコはぱっと飛びのいて、
1匹で寝るようになった。
そしてたまに、兄ネコが寝ているところに妹ネコがそっと寄り添うように身体を滑り込ませ、
毛づくろいしてあげることなく、そのままそっと二匹で並んで寝入るようになった。
兄ネコは、添い寝してくる妹ネコを、静かに受け入れるようになっている。
・・・こんな場面を目撃すると、私の心が、少しふんわりしてくるのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。