地デジで・・Ⅱ

 先月このブログで
”テレビの地デジ化にあたって1度テレビ無しの生活を試みようと思う。”と書いた記憶がある。

人間の日常行動(無意識なもの)はすぐには変わることがないようで、地デジに変わった翌日、何も考えず朝の支度の時計代わりになにげなくテレビのスイッチをいれてしまった。しばらくたってからふと砂嵐でない画面に驚いた。
「ありゃ~テレビ映ってるよ!!なんで・・?デジタルテレビ買ってないし・・・?」

なんと我が家は賃貸マンションなので、ケーブルテレビがひいてあり、そこの会社がデジタル信号をわざわざアナログ化して2015年ま映してくれるらしいのだ。このことを職場の同僚に教えてもらい、帰宅したらすでに子どもはしっかりテレビを観ていて、以前と同じ生活になっていた。
このブログを書いているちょうどこの時間、テレビでは甲子園の決勝戦が放送されており、高校生のひたむきに白球を追う姿を映しだしている。
2015年までこのマンションに住むかどうかは別にして、今こうしてテレビを観ていると正直ラッキーと思う私がいた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。