日々を生きる

 昨日まで、4泊5日でグループトレーニング研究会主催のTグループに行っていました。
わたしは、オブザーブ参加することになっており、ラボラトリーのスタッフの一員として、
わたしにできることを、わたしの感性を活かして、最大限に動こうと考えていました。
日本中が、地震、原発問題で揺れる中、
Tグループをしてもいいのだろうかとスタッフの間で不安が生まれたり、
体調を崩すスタッフがいたりと、出だしから問題山積となりました。
それを一つずつどうしていくかに取り組み、昨日無事終了しました。
わたしは、事情が変わっていく中で、結局、事務局として参加しました。
そんな中で、今の社会状況とTグループのスタッフフワークの体験とを通して、
私は、わたしたちが常にいろいろなものに影響を受けて暮していることに
改めて目を向けることができました。
そして、わたしは、自分の日常を精一杯生きることを大切にしているのだと改めて思いました。
それは、自分にできることを前向きにやっていくこと、
そして、わたしのまわりにいる人たちを大切にすることです。
Tグループの夜のつどいで、
「うれしいこと、楽しいことには、素直に喜び、悲しいときには素直に涙を流し、
ただ自分の心に聞きながら素直に生きたい」
というような詩が、紹介されました。
変化の多い4月が近づいてきました。
わたしも自分の心に聞きながら、落ち着いて暮らしていきたいとおもいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。