卒業式

 また日付が換わってしまった
まだ寝ていないので今日と言うことにすると、
今日は下の息子の卒業式だった。
これで子供たちのこういった式典に出るのも最後かなぁ
などと感慨にふけったりもした。
我が家の息子たちは二人とも同じ高校だったので、
親の私としては6年間関係していたことになる。
そういった意味でも愛着ができていたので、
何だか寂しい気分になった。
この息子たちの母校の校歌が少し変わっていて、
スタッカートの効いた部分があったりして面白い。
「夏の思い出」などを作った有名な中田喜直の作である。
そんなに何度も聞いた訳ではないが、
息子が野球をやっていて大会で聞くこともあり
一般の父兄よりは回数多く聞いていると思う。
そうしているうちに、私はこの校歌が好きになっていたのかもしれない。
今日の卒業式では、声楽を専攻している音楽科の子たちもいて
きれいなハーモニーを聞かせてもらった。
最後に聞くのには充分な出来栄えであり
思わず心の中で一緒に歌っていた。
そして6年間の思いが頭を巡り、頬に涙がつたった。
となれば美しいというか、絵になるというか・・・
しかし、そうならないのが私のようで、
色々あったなぁ、楽しかったなぁと思っているうちに
3番まである校歌は終了していた。
でも日頃は校歌なんているかなぁぐらいに思っているが、
結構いいもんだと校歌を見直した高校PTA最後の一日であった。
ところで、自分の母校の校歌は歌えますか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。