生きた矢

私は最近、中1の次男のことが気になって、気になって
自信喪失、得体の知れない苛立ち、焦り、自己嫌悪を感じることが多くなっています。
そして、次男が生まれた頃読んだ本に載っていた詩を思い出し、また読みました。
*****************************
ガーリル・ギブラン(中東の詩人)の「あなたの子どもは」という詩(一部分)です。
 あなたの子どもはあなたの子どもではない
 子どもは「生命」の渇望からの子どもである
 子どもはあなたを通ってくる
 しかしあなたからではない・・・・・
 
 あなたの子どもに愛を与えることができる
 しかし考えを与えることはできない・・・・
 
 
 子どもは明日の家に生きている・・・・・
 あなたは子どもを好きになれるであろう
 けれど子どもがあなたを好くようにならせようとはしなさるな・・・・
 あなたは弓である
 そしてあなたの子どもらは
 生きた矢としてあなたの手から放たれる
 弓引くあなたの手にこそ喜びあれと
***************
そうでした。
子どもは「生きた矢」。
私の思いのままにできません。
子どもの独自な歩みも、
充分に人生を生き抜く力を秘めていると信じていこう。
今の幸せを味わっていこう。
「弓引くあなたの手にこそ喜びあれと」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。