こだわり

今年は暖冬だと言っていたが、週末は今年一番の寒波らしい。
先ほど、乗鞍高原の知人から、久しぶりに電話をもらい、今朝から
しんしんと雪が降っていて、もう30センチ積もっているとのこと。
これで、スキー場もひと安心かな?
20代の独身時代は、冬になると、スキー三昧。
年末年始はもちろん、週末も時間があればよく出かけた
ゲレンデはたくさんあるけれど、私にとってのホームゲレンデは、
信州乗鞍高原。
板と靴は、宿に預けっぱなしで、好きな時にふらっと出かける。
「一人で行くの?」とよく不思議がられたけれど、「また来ちゃいました」というかんじで、通い続けた。
そのうちに、地元の人とも顔見知りになり、年中、出かけるようになった。
いやいや・・・実に楽しかった。
乗鞍岳は、いつも雄々しく、よく来たね!と私にエールを送ってくれて、私は
素直になれる自分が、嬉しく、特別な場所としてよく出かけた。
昔から、こだわりはそれなりにあって、我ながら、けっこう頑固というか、
気に入ると、そればっかり・・・ということが多い。
居心地いいし、ほっとするし,しっくりして、安心。
“もの”だったり“人”だったり、“空間”だったりと、自分との距離とか、居心地よさを繰り返し味わって、楽しみつつ、信頼関係を深めていく。
こだわりって、おもしろい.
今日は、Seedsの例会後、忘年会を兼ねたランチに出かけた。
有機野菜、自然食を売りにしているスーパーマーケットの中にある、多分こだわりのレストラン。
野菜の素材を活かした優しい味。風邪気味の私には、とてもありがたかった。
美味しく頂きながら、ここにもシェフのこだわりを感じた次第。
特に注目したのがデザート。
私も手作りのお菓子をよく作るほうだけど、いやいや脱帽。
小松菜のロールケーキ、ごぼう風味のガトーショコラ、シナモン風味のだいこんのコンポートなど、意外な組み合わせや発想のユニークさにびっくりしながらも、どれも美味しい!と、デザートは、別腹と自負するメンバーたちは、色々食べてご満悦。
私は、メンバーの中では小食の方だし、今ひとつの体調も考慮して、かぼちゃのプディングだけにしてみた。
かぼちゃの甘みとキャラメルのほろ苦さがさりげなくとけあって、美味しい。
こんな風に、食に、趣味に、ライフスタイル、仕事に・・・・と、いろいろなこだわりが、ここ、そこに、たくさんあるものだ。
今年も残すところ、2週間ほど。
こだわりの「ひと」「もの」諸々・・・たくさん出あった1年に、感謝しつつ、
来年も、また諸々のこだわりに・・・、出あえたらと思う。
良きクリスマスと新年をお迎え下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。