年齢差

私は今年4月から、新しい所属に通っている。
同期には22歳と思しき若い人が数人いる。
私は、言っちゃ何だが彼・彼女(たち)のおよそ2倍の年齢だ。
多分(いやきっと)そのせいだと思うが、
同期のうちの一人は、私に敬語で話しかけてくる。
「あのぅ、忙しいところ申し訳ないのですが…」とか。
同期なのに…。
こっちは、友達言葉で話しかけてくれても
まったくかまわないと思っているんだけれど、
彼女にはそんなことできないんだろうな。
無理もないかとも思う、
「そんな丁寧に話しかけなくってもいいんだよ」って言っても
あまり意味はないよなと思う。
意味ないよなと思いつつ、一応言ってみたけど。
でも、まぁ後は、それ以外に仕方ないから、そのままにしておく。
こちらとしてはあまり圧迫感を与えないように
(ちょっとだけ心がけて)対応するくらいだ。
いつか相手の構えも取れる日が来るでしょ。
先日、初対面の人の車に同乗させてもらうチャンスがあった。
メールで数回やり取りしただけの、知人の知人だ。
彼女は医者で、運転しているのはそのだんな様の、これまた医者。
私よりも一回りくらい年齢が違うかな(今回はあちらが年上)。
こちらが使った言葉は普段どおりだったと思うが、
実は内心緊張していた。
初対面だし、相手のうち一人は精神科医だし、
緊張しているこっち(私)のことは何だってお見通しに違いないと
思えてくる。
年齢や性別、職業(社会的地位)などなど、
人間関係の障壁になるものはいろいろある。
障壁をなくした方がいい場合もあるし、
なくさない方がいい場合もある。
(どんな場合がそうなのかは、今読んでいる皆さんで、
あれこれ考えてみてね)
自分が障壁を(意図せず)作っている場合もあるし、
(意図せず)取り払っている場合もある。
とにかく、障壁はあるのだ。
…ちなみに、私と上に書いた人たちとの関係は
その後も順調ですので、あしからず。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。