恩師からの手紙

少し前に、恩師に手紙を書きました。きっとお返事が来るだろうと期待して待っていたら、やはり、今日届いていました。
私がお送りした手紙に書いたのは、4月からの自分のことでした。今までの続けてきたことが終わり、4月から新しいことが始まること。
先生も手紙で同じように、終わること、また、続けていくことをお知らせくださいました。
癖のある字、あっさりとした内容、読んでもこれといって感激するようなことは何も書いてないのですが、先生の声が聞こえてきそうな文面に、読み終えて「にこっ」としてしまいました。
きっと4月になると、この手紙の暖かさがより分かってくるんだろうなと確信しています。
「また、お会いしましょう」
先生とお別れするとき、いつも交わす挨拶です。しばらくは私の予定でお目に掛かれないことが分かっているのですが、今度お会いするのを楽しみに、改めて、新しい環境にチャレンジしようという気持ちになれました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。