正直に・・・

自分に正直にしたいけど、
クラスメートがどう思うかと心配で
次男が困った顔をして帰ってきた。
クラスメートの彼とは、
「遊んだりしていると
 必ずと言えるほどケンカになる」という。
どんなケンカかといえば、殴り合うこともあるそうだ。
「ケンカにならないようにしても、
 いつもケンカになっちゃうんだ」ともいう。
「そうなることが分かっているので、
 家に帰ってきてからまでも、
 一緒に遊びたくない」というのだ。
それなのに、彼からどうしても「遊ぼう」といわれて
断り切れずに憂鬱な気持ちで帰ってきたそうだ。
そうしているうちに、彼が誘いに我が家まで来た。
次男がグズグズして、出ていこうとしない。
「遊ばないなら、断っておいで」というと、
「なんて言えばいいのぉ~」と私に聞いてくる。
「自分で考えな」と私。
次男は情けない顔で
玄関で待つ彼のところへ向かった。
「俺、おまえと遊ぶと、必ずケンカになるのがいやだから、
遊びたくない」とストレートに伝えた。
それをこちらで聞いていた長男が
「あいつ、正直にいってるよ。
 そうくるか。すっげぇ~」と一言。
しばらくして、次男と彼は「遊んでくる」と一緒に出ていった。
夕方、「今日は、ケンカしないで遊んだよ」と
ちょっと嬉しそうに次男は帰ってきた。
自分に正直に、相手にも正直に・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。