ゆっくりします

我が家でも、ながーい夏休みが終わりました。
これから、ながーい2学期が始まります。
予定に追われ、時間に追われる私とは対局にいる
小5の次女は、どんなときもマイペース。
夏休みの次女の日課は、午前中に勉強しながらちょっと「ゆっくり」。
午後からは、絵を描いたり、本を読んだりしてまた「ゆっくり」。
夕方近くには次女のお手伝いの洗濯物タタミをゆっくりして、
夕食も家族の中では一番ゆっくり。
彼女の1日は、私の2日分くらいありそう。
私に分けて欲しいなと思う。
でも、私がもらった途端、半分になってしまうのだろうなと諦めている。
時間は創り出すものとはよく言ったものだ。
また、時間がおしていても
次女に「はやく」は通じない。
マイペースで、ずぅーっと続けていくのが次女流のようだと
私は最近気づいた。
次女は、遅いのではなく同じことを
継続していける人なんだと。
「継続は力なり」。
夏休みの宿題が全部終わった日に
私が次女に「これからどうするの?」と声をかけたら
「ゆっくりするの」とおっしゃった。
あらまッ、そう。いいな、どうぞごゆっくり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。