土用の丑

梅雨が明けた!と喜んでいましたが、今週は何だか天候不順な日が続きました。
天気予報によると、明日からまた夏の暑い日差しが戻ってくるようです。
そして、明日は土用の丑とのこと。
スーパーに立ち寄ったら、大きく看板が出ていました。
明日は街のあちこちで、鰻を焼く良い匂いがすることでしょう。
鰻の思い出と言えば、小学生の頃、母の代わりに近くの魚屋さんへ
生の鰻を買いに行ったことを思い出します。
ヌルヌルしたうなぎが、カゴに一杯入っていて、でも魚屋のおじさんは
上手に掴んだかと思うと、大きなまな板の上に乗せるや否や、
うなぎの首元にぐさっ!と大きな釘を打って、あっという間に裁いていくのを
子供心に残酷・・・と思いながらも、そのさばき具合の綺麗な動きに圧倒されて
呆然と見ていたものです。
お店の奥さんが隣でうなぎを焼いて、もうたまらなく良い匂い・・・。
でも、母は必ず生のうなぎを買ってくるのよ、という言いつけで、
おじさんもわかっているから、「あいよ、できたよ」と
何もいわないでもビニール袋にいれて渡してくれます。
家族はその時、おじいちゃん、おばあちゃん、父、母、父の弟、私と姉の
7人家族だったので、大変だったと思います。
いつもお店やさんのうなぎの味はどんな味なんだろう・・・と思っていました。
そして、焼いたうなぎを買うのは、きっとお金持ちなんだ、と、ずっと思っていたことも
なんだか懐かしい感覚です。
昭和の良き時代、母が勝手口に近い庭のところで、うなぎを焼く。
その周りで夕日を見ながら、手伝っているのか、邪魔をしているのか・・・
そんな子供時代でした。
すっかり便利になったこの時代、コンビニでも宅配でも、うなぎが簡単に
食べれます。
稚魚の高騰で、一匹2000円近くしているのを見ると、中々買わないで
通り過ごしでいますが、夏バテ防止、精を出すにも、明日はなんとかして
食べてみたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。