南山短大人間関係科40周年パーティ

先日、私たちの母校である南山短大人間関係科の40周年記念パーティーがあった。
T先生のフェイスブックでの呼びかけで、1期から27期(?)まで約100人が集まり、
お茶とお菓子だけのパーティだけど、わいわいがやがやと旧交を温めた。
また、自分とは違う学年の人同士でグループになってワールドカフェ(少人数での対話)をした。
話ができなくてしんとしているグループは一つもないし、ストップがかかってもやめないところもたくさんある。
どのグループも楽しそうだった。ほんと、自由闊達でいいなと思った。
今、私たちの母校の校舎はない。跡地はテニスコートになっている。
それは確かに少し淋しい。
でも、大事なのは建物ではなく、そこで出会った人と、そこで培ったスピリットだと思う。
また、各期ごとでは頻繁に同窓会が行われているようだし、
いつまでもつながっている感覚が持てている学校はそうないのではないか。
自分たちが持っている大事なネットワークで、これは本当に貴重な財産だと思う。
こうした風土を作ってくださった先生方に感謝すると同時に、
これからは、自分たちのできるところでの新しいネットワークが作れたらいいなと思った。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。