思いがけない

先月の30日は中秋の名月だった。
あいにく台風が来ていたので、残念ながら見えないものと思っていた。我が家も台風対策で夕方から雨戸を閉めていて、夜空を眺めるような状態ではなかった。幸い台風は大したことなく(被害のあった方には呑気なことを言って申し訳ありません)足早に過ぎていってくれたので、夕食後は雨戸を開けてみた。するとすぐに雲のすっぽりと空いた夜空に、見事な満月を見ることができた。期待していなかっただけに、めずらしく夫と二人で「きれいだねぇ―」と窓辺に並んで見ていた。ほんの数分のことだったが、ホッとできる瞬間を思いがけず月に運んできてもらった。月は地球に多くの恩恵を与えてくれているそうだ。自転のスピード、潮の満ち引きなどをはじめ、生物の進化にも影響しているそうだ。そんな難しいことでなくても、夜空や夕暮れや朝方に月が風情のある様々な姿を見せてくれるだけで、私たちは十分に恩恵を受けている。
9月の下旬には、思いがけず2度綺麗な虹を見ることができた。2度とも授業中であったが、いずれも授業を中断してみんなで綺麗な虹を見た。特に1度目は、ほぼ完全なアーチで色も綺麗に分かれていて本当に美しかった。何となく得した気分になることができ、思わず皆が笑顔になった。虹には何となく希望を与えてくれるような力があり、自然に私たちを笑顔にさせる。
本当に自然は偉大なものだと思う。何の思惑もなく、人の心を動かす。
便利に慣れてしまっている私は、自然豊かな田舎暮らしをしたいとまでは思わないが、都会の片隅でたまには自然が運んでくれる素敵な瞬間を感じて生きていきたいと思っている。
                                                          guako


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。