苦手意識

先月は自主的にブログの夏休みをいただきました。
実は合宿中で忘れてしまったというのが本当のところです。
今月も危うく忘れそうでしたが、ハッと気がついて書いています。
こうなる一つの原因は、私は書くことが苦手という自己概念を持っているからです。
昔から口は達者と言われ、自分でもその自覚はあります。
まあ達者と言っても意味あることが言えるというよりも、言うことに躊躇が少ないということですが・・・
でも書くことからは、つい逃げてしまいます。
理路整然と分かりやすい文章を書く人、情緒のある感性に訴える文章を書く人、
読む人が思わず笑ってしまうようなウィットにとんだ文章を書く人、ホッとさせてくれるような優しい文章を書く人、全ての人を尊敬してしまいます。
その私が今、2つの本を書こうということに関わっていて、毎日文章を書くことに取り組んでいます。
とにかく自分を“書くぞ!”という気持ちにもっていくのに時間がかかります。
他にしなければならないことがあれば、そっちを先にしてしまいます。
やっと書き出しても最初は書いては消し、書いては消し。
なかなか進みません。
しばらく悪戦苦闘の末、少し諦めモードで書き進んでいくと少し気持ちが変わって、
お調子者の私は、すこーしだけ「私も案外いけるかも」と思ったりします。
しかし、それも長くは続かず1~2時間もすると「もー駄目だぁー」となり終了。
私の自己概念を変えるには至りません。
こんな毎日を今は送っていますと、正直に書くしか能のない私の今月のブログでした。
あーあ、神様、私に書く才能を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。