”アサーション”ことはじめ

 わが家では子供たちが大きくなったことと、彼らの成長に伴いものがあふれてきてスペースがなくなってきたことで、ここ2年程クリスマスツリーを飾っていません。そのかわりというか唯一毎年アドベントカレンダーだけは必ずどこかに飾ります。特にチョコレートがはいっているのがお気に入りです。
 今年はSコーヒー店で売り出しているのを知り、ちょっと奮発して11月に購入しました。それは1日づつ小さな引き出しをあけてその中のお菓子を取り出すもので、きれいに使えば来年も飾れそうなツリーの形をしたカレンダーでした。今月にはいってビニルの包装紙からカレンダーをとりだし飾り、さっそく1日、2日・・っとおもいきや
ナッ、ナッ、ナント3日の引き出しがふたつもあるではありませんか・・!!
そして6日が無いッ!!
 ここで以前きいた平木先生のアサーションのお話を思いだしました。それは「ドラエモン」のしずかちゃんになってみてという内容でした。
ここでのびたくんなら多分(しょうがないや)でそのままそのカレンダーを使うかな。ジャイアンならなんて言うかな。お店に(オイ、なんだよ、このカレンダーは、金返せ!)とかなんとか・・さあしずかちゃんならどうするか。
 3日に購入したところとは別の場所のSコーヒー系列店へ行きました。もう封をあけたけどすぐに取り替えてくれるだろうと思い、まず最初に
「あの~アドベントカレンダーありますか・・?」と尋ね ました。
返事は「すいません。人気商品で11月には売り切れまし     た。」
私「そうですか、実はコレ買ったんですが・・」と現物を  みせ「3日がふたつあって・・」 
店員「あら、ホントどうもすみません。ちょっとお待ちく   ださい。」になり、さっきとは別の店員が私の手にしているカレンダーをみにきて
 「ホントだ。これは、せっかくなのにね。すみませ  ん。」と言いつつ小さい紙コップに試飲用のコーヒーを持ってきて出してくれました。
 数分後に最初に応対した店員が在庫のあるお店を教えてくれ、またSコーヒー店の本部にこのことを連絡する旨伝えにきてくれました。
結局、藤が丘店に在庫があることがわかり、私はそこまで行って無事交換完了しました。本当なら2000円以上買わないと出してもらえない駐車券も車で来店したことを伝えたらすぐに出してくれました。
ちょっとガソリン代がかかりましたが、気持ちよく交換できました。
 今までの私はどちらかというと”のびた”タイプかなと思っていて、少しづつアサーションを意識した生活をして自分が変わってきたかなという気がしています。
しかし子供にいわせると今回のこととは別ですが、
”あぁ~、だから今どきのオバサンはやっぱスゴイわ!ホントオバサンだね。”ということらしいです。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。