姉的性格?

こんばんは。
私は、最近血液型占いより、自分が長女か次女か、
はたまた、姉妹なのか、男の兄弟がいるのか
といったことによる性格分析(分類?)のほうが、ずーと、
理にかなっているなあとつらつら思うのです。
穂村弘氏が「ダ・ヴィンチ」という雑誌のエッセイのなかに、
自分が好きになった女性はたいて姉だったというのがあって、
ちょうど同じようなことを考えていたので、とても興味深く読みました。
私の場合は、自分の友人というカテゴリーで考えていて、
私自身は、2人姉妹の姉ですが、特に兄のいる長女、
これが友人の中でダントツに多い。
それが何を意味するかは、私一人でいろいろ分析して楽しんでいるところです。
好きな男性ということで考えると、これは次男なんですね。
ここには、違うフィルターも含まれているだろといわれそうですが、
純粋に好きになった人は次男が多いです。ホントニ。
ただ、私の世代はひとりっこが少ないので、
サンプルの条件としては完璧ではないですね。
なーんて、くだらないことを書いてしまいました。
分類好きの単なる戯れとお笑いください。
でも、こういうこと考えるのって、けっこうおもしろくないですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。