変化をつくりだす

 

私は、10年ぐらいずっと同じ美容院に行っていました。

担当してくれる美容師さんも知り合いで同年代の方でした。

なので、日常もよく知っていて、

そんなに丁寧に説明しなくてもやってもらえて安心でした。

この頃年齢のせいで、いろいろ気になるところも増えてきましたが、

「私もだよ」と美容師さんに言われると、

もともとの性分もあり、ま、いいかと過ごしてきました。

 

あるとき、その美容院がいつもとてもはやっているので、

待たされたり、少しぞんざいな扱いをされているように感じることがあり、

ここに固執する必要があるかなと思い始めました。

また、ここ数年新しい髪形に変えることがないことにも気づきました。

 

そこで、思い切って違う美容院に行ってみようとしたのですが、

今度はどこに行ったらいいのか迷ってしまい、

それはそれで私には勇気のいることになりました。

とにかくここと思ったところに思い切って行ってみました。

1回ではわからないだろうと思い、3回は続けていってみることを決めていました。

前のところのほうがよかったなと思うことはなかったのですが、

変え始めると、今度は変えることに抵抗がなくなり、

もっといいところがあるかもと、割と頻繁に変えました。

 

そうこうしているうちに気に入った美容院が見つかり、

今はそこに1年ぐらい行っています。

新しい美容師さんに対して、

私は自分の気になることをていねいに説明せねばなりません。

めんどくさがらずに話すと、新しい提案をしてくれます。

もともと変化を好むタイプではないのですが、

一生懸命説明したからでしょうか、

なんとなく変えてみようかなという気分になり、

少しずつやってもらっています。

 

私は、自分のことを説明するのが面倒なタイプです。

でも、新しい人には、わかってもらえるようにしなくては

お互いに心地よくありません。

面倒くさがらずに自分のことを話していると、

だんだん自分のしたいことも見えてきます。

 

今、自分の変化が楽しめているので、

慣れていることに甘んじず、

新しい出会いに、勇気やチャレンジをもって臨みたいと

あらためて思うようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。