家を出る

4月から大学生になる長女が引越しをした。
場所は小田原。
夫がバンを運転し、私は助手席に
娘は、後ろに積んだ荷物の山に埋もれての出発。
引越しの前夜、娘は妹と弟とハイテンションで
荷物をバンに積み込んでいた。
ちょっぴりもの哀しい風景。
3月の初めから借りた部屋には、
これまでに2回荷物を運び込んだ。
毎回往復10時間。
今度の引越し2日間で、
カーテンを取り付け、
ロフトにベッドを置き、
インターネットと地デジを設定し、
洗濯機と冷蔵庫を取り付けてもらい、
足りない日用品を買出しに行き、
バイト応募用の写真を撮り、
食事をし、
また部屋で棚やチェストを組み立て、
荷物を片付け、
娘の部屋らしくなっていった。
最後は娘の1週間分の食料の買出しに付き合った。
時間に追われたが、
とっても濃い2日間。
不慣れな土地に不安はあるが、
娘の決心にブレはないようだ。
逞しく育ってくれました。ありがとう。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。