季節外れのばら

今年の冬は寒いですね。
今では夏の暑さが思い出せず、この寒さから解放されるならどんな暑い夏も受け入れようと思ってしまう。きっと夏になればこの寒さを忘れるのだろうな。「のど元過ぎれば熱さ忘れる」というのは、意味は少しちがうかもしれないが、気分はまさしくその通りだと思う。
花粉も早くから昨年よりも大量に飛ぶらしい。花粉症ではないので心配はしていないが、苦しむ人がいるのは、見ているほうもつらい。
一方で、季節を忘れている花もある。我が家の鉢植えのイングリッシュローズである。
四季咲きなので、少し遅めにつぼみをつけたが、寒くなるのが早くて、咲くタイミングを逃したのか、いつまでもつぼみのままだった。
寒さが気になりはじめ、家の中に入れたら、時間をかけ、開いていき、今、美しく花開いている。
季節外れの薔薇もなかなかよい。
近所の人から挿し木してもらったばらだが、前はオレンジっぽかったけど、今はやわらかい黄色になった。うちの水や土や空気が、薔薇を変化させたのであろうか。
しかし、今咲いているのを見ると、6月の薔薇の季節にはちゃんと咲くのかと不安になる。
今年も、四季折々、美しい花や緑などの花鳥風月をめでて、心豊かな年にしたいものである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。