席を譲る

 先日、市バスに乗っていたら、白髪まじりのご婦人が乗ってきました。あいにく空席はなかったので、座っていた私は席を譲ろうと声掛けをしかけて、気づきました。年齢は私とほとんど変わらないんじゃないかと、、、。これは、譲っては気を悪くすると思い、やめました。
 そこで、私は考えました。私って席を譲ってもいい年齢なのかと。いつまでも若いつもりで、譲るのは当たり前と思っていたけれど、もしかして譲られる年齢に近いのではないかしら?
 帰宅して、娘に尋ねたら、「お母さん、50歳だよ。譲る相手をよく見てからの方がいいと思うよ。親切心が逆に相手を傷つけるかもよ」とシビアな回答。
 そうかぁ。「若者寄り」ではなく、「お年寄り寄り」側に入ったのかぁ。気づかなかったなぁ。と、かなりへこみました。
 でも、私はまだ足腰丈夫だし、バスや地下鉄が揺れたってころばない(つもり)。やっぱり、お年寄りには席を譲ります!!
 しかし、最近の若者は譲らないですよね。そのバスの中にも高校生や若いカップルが乗っていたけど、携帯に夢中で気づかないのか、気づかないふりなのか、全く譲る気配すらありませんでした。なんか腹立つというか、情けない気持ちにもなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。