散歩道

 このところ、秋晴れのいい陽気が続いている。
仕事場は、ほとんど外の様子がわからない建物の中にあるため、普段は通勤時の運転中に
お天気の様子を知るくらいだ。
日中、雷があろうが、大雨が降ろうが、帰宅までに上がってしまえば、何も知らずに済んでしまうほど。
そういうのも、なんだか、淋しいし、人間的な(動物的な)感じがしないなあと少し思う。
幸い、趣味のゴルフでは、春夏秋冬、四季折々、山へ、海辺へ、いろいろなゴルフ場を目指して
出かけて行き、1日中自然豊かな場所で芝の上の小さな球を打っては追っかけているわけで、
そんなときは、全身で、雨風にもあたり、日の光、空気の匂いを感じることができる。
ちょっと両極端ではあるけれど・・・
そんな中、今日はどうしても行ってみたいところがあった。
人からきいていた、散歩道だ。
ちょうど、休みで時間がとれたし、お天気もよかったので、散歩に出かけた。
といっても、家からは車で10分ほどかかるのだが、自然豊かな里山の一角、
けもの道を広げたような、散歩道がある。
廃材の木の幹を切りだしたもので、歩く道の両側を囲ってあるような、簡単なつくりの山道だが、
これが、なかなか風情がある。人がすれ違うのがやっとの道幅。
テニスコートのある公園の前にある入口から、散歩道のはじまり。
緩やかに登りながらいくと、一面のコスモスの群生が広がっていて見事で、びっくりした。
今が見ごろだろう。
そこをどんどん歩いて行くと、湿地に出る。
貴重な植物が群生する一帯だそうだ。
そこを過ぎると、どんどん山深くなっていき、木々が生い茂って
山が生きているかのような感覚になる。
けものも生息していそうなところだ。「クマが出たらどうしよう?」なんて思いながら・・・
上り坂をあがっていくと、こんどは、ゆるゆるとしたくだりになる。
どれくらい歩いたろうか・・・
道案内があり、△△口まで0.7キロ とか、目安になる距離が出てくる。
あとどれだけかが、わかるとすこし安心。
静かで、鳥の気配や、虫の音しかしない。
あとは、自分の足音だけ。
サクサクと、地面を踏みしめて、歩くと気持ちがいい。
いつもは、仕事上、ハイヒールが多いので、たまには、
しっかりと地面を足で蹴って歩きたい。
ほんの20分ほどの散歩道だったが、山道は、アップダウンがあって、
早歩きをすると、結構下半身の筋肉を使う感じがある。
車の走る幹線道路の歩道をジョギングしている人もよく見かけるが、
この山道は、道端の景色も楽しめるし、それが移り変わる。
これからは、紅葉も楽しめそうだ。だから飽きずに歩けそう。
気持ちのリフレッシュにもなるし、
シェイプアップも兼ねて、また、歩きに行きたいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。