グループファシリテーターの会 Seeds



お知らせ


オリジナル実習 「2つの水差し」の創作について 


私たちグループフアシリテーターの会Seedsが創作した実習「2つの水差し」を「体験学習実践研究 volume10」(体験学習実践研究会2010年12月発行)で報告します。

■実習の概要
Seedsが、2010年8月に行った一泊研修(合宿)において、短時間で実施でき、アレンジのきく問題解決実習を作成しました。
この実習は、情報紙を使った実習です。それぞれ違った容量が入る2つの水差しがあります。この2つの水差しを使って正確に液体を計るというものです。グループに与えられた課題は、どのようにしたら指示された量の液体を計ることができるのかを考えていくことです。グループのメンバーそれぞれに配られる情報紙をもとに、課題の解答を考えていきます。
2010.11.25
<追 記>

第12回日本体験学習研究会全国大会は終了しました。

このオリジナル実習「2つの水差し」は、来る12月4日(土)・5日(日)に開催される第12回日本体験学習研究会全国大会のエクササイズ・セッション(12/4 15:00-18:00)で実際に体験していただけます。
詳しくは、 第12回日本体験学習研究会全国大会 をご覧ください。
また、同日「体験学習実践研究 volume10」を実費頒布します。

About SeedsWorksNews & ReportContact UsLinks

グループフアシリテーターの会Seeds (c) Group facilitator. All Rights Reserved.