グループファシリテーターの会 Seeds



最近の活動


12月の例会~NEW~


2017年最後の例会が12日に行われました。何となくあわただしく、夜が冷え込むようになって師走を感じながらの例会となりました。
12月の例会は、エミール文献研究も、すでに上中下の下巻の後半となり、本文は来月の1回を残すのみとなりました。エミールが理想の妻ソフィーと出会い、その後どのような体験をしていくかが小説のように書かれていました。割と読みやすいところですが、「そうなんだー」ということも「そうかぁー」と思うこともあり、いつものようにルソーの時代背景や考え方が私たちには理解しにくいこともありました。
今回の部分の最後は「旅について」書かれており、旅についてイギリス人とフランス人を比較していたりするのですが、どうもルソーはフランス人に厳しいように思いました。
私たちは、「ソフィー」「エミール」という名前には意味があるのかというような話もしていました。
いよいよ次回は本文の最終回。長編を読み終わります。
次は何を読むことにするかも検討し、Active Book Dialogue の手法を体験してみようかと話されました。
次は何を読むことにするかも話題にのぼりました。Active Book Dialogue の手法を体験しようかということも検討され、2月は「エミール」の付録ーマルゼルブへの手紙で、1回やってみようということにしました。

About SeedsWorksNews & ReportContact UsLinks

グループフアシリテーターの会Seeds (c) Group facilitator. All Rights Reserved.