こころに・・・

朝のNHK連続小説「半分青い」を見ています。

 

漫画家をめざしてアシスタントをしているヒロイン、鈴愛(すずめ)に、

リアルな日常の出来事でこころにささったことを、問いかける師匠の漫画家、秋風羽織。

今日は、そんなシーンがありました。

 

自分にとって、こころにささる日常の出来事って、何かな?

 

ふと、そんなことを思いながら、そういえば・・・と昨日の出来事を思い出しました。

 

梅雨に入って、1日雨でしたが、昨日も、ちょっと蒸し暑いけれど晴れています。

私は、日ごろの運動不足を反省して、毎日の買い物や銀行、郵便局への用事などは、

極力歩いて行くようにしています。

 

比較的便利なところに住んでいるので、歩いても片道5分、10分のことですが、

小さい積み重ねが大事と思って。

 

昨日は、近所のスーパーまで、作りたいものがあったので材料の買い足しに。

ついでに、朝食のパンやおいしそうな果物など、あれこれ買ってレジを済ませ、

マイバッグに入れて、それをショッピングカートに入れて、出入り口へ向かいました。

自動ドアをでたところに、カート置き場があり、2列になって並んでいます。

列の短い方へ、カートを戻して・・・と思って、そこへカートを入れているちょうど、そのとき、

向こうから、かごやカートを回収するスーパーのおじさんが、数台のカートを回収して

戻ってきました。

 

駐車場のカート置き場に、カートが増えると、それを出入口の所定の位置に

戻す仕事です。

 

私がカートを入れようとしているところへ、戻すんだろうなと思って、

私が荷物を急いで持って、そこを空けようとすると、

ニコニコしながら、「慌てないでいいよ。」と声をかけてくれました。

 

外は、太陽がまぶしい晴天。歩いて帰るのに、私は買った荷物を肩に担ぎ、カートに掛けていた

手持ちのバッグから、日よけのためのラフィアの帽子を取り出し、被って、それから

手持ちのバッグを持ち直して、カートを戻すまで、待ってもらっていることを、心地よく感じて

ありがたいなと、感じました。

 

それだけで、このスーパーの印象が良い方へ20%くらいアップした気分です。

 

いい気分の余韻をかんじながら、荷物を持って歩いて帰る足取りも、軽くなるようでした。

 

こころにささる、というより、こころにのこる 出来事でしたが、

こころに・・・ささる、ひっかかる、響く、しみる・・・

 

些細なこと、ふとした場面が、こころに・・・影響を及ぼすことはたくさんあるな。

 

ただ、それを一瞬で忘れてしまったり、それよりしなければならない事柄にこころが奪われていて

そもそも、相手が待ってくれていることに気づかなかったり・・・

 

こころに・・・なんらかの影響を及ぼすこと。とくに、見ず知らずの人の

ちょっとした心遣いや、親切は、気持ちのいいもの。

 

日常には、結構そういう機会はあるもの、でも、意識していないと、それをキャッチすることが

出来にくい世の中にもなっている気がしています。

 

逆に、こころにささる言葉や悪意、嫌な気分になること、は、過剰にキャッチしやすい

ような・・・誤解も含めて・・・

 

そんなことを感じた、梅雨の晴れ間の出来事でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。