うたと記憶

昨年、ユーミンの「宇宙図書館」というアルバムを買った。

コンサートにも行きたかったけど行けなくて、

最近たまたまTVでやっているのを見ることができた。

 

若い頃はユーミンの歌は私の人生そのものだったくらい大好きだった。

ユーミンの歌のような恋愛シーンにあこがれたり、

こんなデートがしたいなんて思っていた。

そんなことにはならなかったけど。

若い頃聞いた好きな歌は、今も心に響き、当時の記憶もよみがえり、

もはや私の懐メロである。

 

子どもが生まれてからは縁遠くなっていたけど、

久しぶりに「宇宙図書館」を聞くと、

大切な人を失った喪失感や、その思い出を大切にする歌詞だったり、

記憶にまつわる内容だったり、年月を重ねたカップルの心情だったり、

今の私の身近に起きることや感じていることにフィットして、

ユーミン、やっぱりいいなと思っている。

 

確かに歌唱力は落ちているとは思うけど、

コンサートの構成もストーリーテリングになっていて、

今と過去を行ったり来たりできるように私は感じている。

 

昔、親がTVで「思い出のメロディ」なんかを見ていると

何がいいんだかと思ったものだが、今はその気持ちがわかる。

聞いたことある歌をまた聞きたいというのは、老若男女同じだと思うけど、

年を経ると一層その思いが強くなるのは、思い出のせいなんだなと。

たくさん思い出があるって幸せ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。