お正月に感じたこと

年末年始は、孫疲れというか、家族、親戚、息子家族、両親、義母など、

うちに来たり、食事に出かけたり、泊まったり、入れ替わり、立ち替わりの感じで、

にぎやかに過ごしました。

 

みんな、元気に顔を合わせられたことは、何よりです。

 

そんな、落ち着かない、ばたばたした感じの中でも、ふと、思うのは、

親戚を含めて、大きな意味で家族が増えていること。

 

昨年、3月に長男に二人目の孫が生まれ、10月に甥が結婚し、

去年のお正月に比べると、毎年恒例の食事会のメンバーが

2人も増えていることに。

 

その上、正月4日の夕方には、次男がフィアンセ?彼女?を連れて

うちに挨拶に来ました。

順調なら、次の正月には、また、一人増えるのかも。

 

おめでたいことは、いいなと思うし、にぎやかになるのは、楽しい。

顔を合わせるたびに、いろいろな風を運んでくれる。

今年は、ビットコインの話題も?!

 

みんな嫌がらずに、毎回の集まりを楽しみにしてくれているのが

ありがたいこと。

そろそろ、幹事役を、息子たちの世代に任せたいと思いつつ、

今年は、中華のテーブルを囲みました。

 

今年で90歳になる父と0歳のひ孫、歳の差90歳は、考えてみればすごいわ。

両親、私たち、子供世代、孫たちと、4世代の集まりが

いつまで続けられるかはわかりませんが、みんなが

それぞれを、気にかけつつ、楽しい時間を過ごせるのは

幸せなこと。感謝です。

 

それぞれにとって、いい年になるよう、願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。